さいたま市南区の動物病院 犬・猫・ハムスター・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します 年中無休・駐車場6台完備

  • 年中無休
    駐車場6台完備
  • 診療時間
    朝9時〜夜19時
  • 受付TEL
    048-628-8216

ご予約はこちら

膝のお皿が外れる!?〜膝蓋骨内方脱臼について〜(犬・整形外科)さいたま市/南浦和/川口市/動物病院

こんにちはジンベイド動物病院獣医師の豊原です。

小型犬に多い病気で「膝蓋骨内方脱臼」という膝のお皿が外れてしまう病気があります。

みなさんが飼われているわんちゃんは、

動物病院で「膝のお皿がゆるいですね」とか「膝のお皿が外れてますね」と言われたことはないでしょうか。

よく”膝のお皿”と呼ばれるのは膝蓋骨という骨のことで

大腿骨の溝を滑るように動くことで滑車の働きをし、後肢の屈伸運動にとって重要な働きをしています。

小型犬(ヨークシャーテリア、チワワ、トイプードル、ポメラニアン、マルチーズ、柴犬)は

遺伝的な要因による骨や筋肉の形成異常が原因で、膝蓋骨内方脱臼を起こしやすい犬種が多いです。

膝蓋骨内方脱臼になると以下のような症状が見られます。

・痛みや違和感で足を引きずったり、けんけんするように挙げたりする

・関節がすり減り、関節炎を起こす

・脱臼により筋肉と健が引っ張られ足が変形する

・足が変形し、歩行困難になる場合がある

初めはたまに足を挙げたりするぐらいの症状のことが多いですが、

放っておくと足の変形や歩行困難になる場合もあるため、早めの診断と治療が必要です。

診断について

身体検査やレントゲン検査で診断を行います。

グレードは4段階に分けられます。

グレード1:膝蓋骨を手で押すと脱臼するが、手を離すと自然に戻る

グレード2:膝蓋骨を手で押すと脱臼し、手で戻すことができる

グレード3:膝蓋骨は常に脱臼しているが、手で戻すことができる

グレード4:膝蓋骨は常に脱臼しており、手で戻すことができない

治療について

治療は基本的には手術による整復が必要です。

骨や筋肉の変形の程度に合わせていくつかの手術法(滑車溝形成術、脛骨粗面転移術、筋肉と腱の再建術など)

を組み合わせて行います。

手術が必要かどうかの判断は、脱臼のグレード、症状、年齢などを考慮して判断します。

どうしても手術が難しい場合は、痛み止めやサプリメントで経過を見る場合もあります。

当院での治療

ジンベイ動物病院では膝蓋骨内方脱臼の手術を行っています。

手術は整形外科の専門医が当院で行います。

さいたま市、川口市など近くにお住まいのわんちゃんで

今まで脱臼を指摘されたことのある子や、足の症状が気になる子がいましたら

ぜひ一度、ジンベイ動物病院までご相談下さい。