さいたま市南区の動物病院 犬・猫・ハムスター・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します 年中無休・駐車場6台完備

  • 年中無休
    駐車場6台完備
  • 診療時間
    朝9時〜夜19時
  • 受付TEL
    048-628-8216

ご予約はこちら

レオパ異物誤飲(エキゾチックアニマル)さいたま市/南浦和/川口市/動物病院

こんにちは、獣医師の長尾です。

レオパなど地上棲ヤモリは、誤って床材を食べてしまうことがあります。

そもそも、食べてしまうこと自体に、様々な体内の異常などがあったりするのですが、

こちらは、石をたべてしまい、造影検査をした子の写真になります。

幸い手術にならず、検査入院後に内服等を使いご自宅で排泄してくれました。

レオパさんが「石を食べた」など喋るはずもなく、見ていないところで食べていたら飼い主様にはわからないことがほとんどです。実際、気づいたら(何かしら症状が出てきたら)手遅れのことも少なくありません。

また、石など硬いものでなければ検査をしてもわからないこともあります。

でも、野生では当然、砂や石があるところで生活しています。野生の個体がみな腸閉塞を起こしていたら絶滅してしまいます。飼育下で誤食によるトラブルがおこることには様々な原因が考えられます。

何かおかしなことがあればすぐに病院にかかられることをおすすめいたします。