さいたま市南区の動物病院 犬・猫・ハムスター・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します 年中無休・駐車場6台完備

  • 年中無休
    駐車場6台完備
  • 診療時間
    朝9時〜夜19時
  • 受付TEL
    048-628-8216

ご予約はこちら

ハムスターの頬袋脱(エキゾチックアニマル)さいたま市/南浦和/川口市/動物病院

こんにちは獣医師の長尾です。

ハムスターの頬袋脱についてです。

ハムスターには頬袋がありますが、何かしらの原因で頬袋が反転して口から出てきてしまうことがあります。

この状況を頬袋脱といいます。内臓が口から出てきてしまったと来院されることもあります。

この頬袋脱、放っておくと自分でかじってしまったり、こすれてしまって出血や壊死してしまうことがあるため治療が必要です。

同時に解剖学的な異常も起きているために、出てしまった頬袋を押し込むだけではすぐに出てきてしまいます。また浮腫みを引かせる治療をしてもそれだけで引っ込むことはあまりありません。

治療は頬袋の状態により異なりますが軽傷では固定、重症では頬袋切除などが必要になります。

さて今回はまだ赤ちゃんのむぎちゃんです。

出てしまってかなり時間が経過しておりましたが幸い頬袋の大きな損傷はありませんでしたので、縫合固定処置にて改善しました!

頑張りました。

頬袋脱は来院頻度も多い疾患です。見つけたら早めの来院をおすすめいたします。