さいたま市南区の動物病院 犬・猫・ハムスター・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します 年中無休・駐車場6台完備

  • 年中無休
    駐車場6台完備
  • 診療時間
    朝9時〜夜19時
  • 受付TEL
    048-628-8216

ご予約はこちら

デグーの不正咬合について(エキゾチックアニマル)さいたま市/南浦和/川口市/動物病院

ジンベイ動物病院です。ブログを開始いたしました。定期的に更新予定です。

開院してすぐですが、ここ数日、小動物(エキゾチックアニマル)のモルモット・うさぎ・デグーとさまざまな動物の不正咬合の処置をしております。

これらの動物(チンチラも含めて)は奥歯と前歯が常に伸びる生き物です。正常の歯は、摩耗するため切る必要はありませんが、食生活(牧草不足や硬いペレットの多給)や遺伝的要因で歯が傾いてしまうことがあります。傾いてしまうと摩耗されない場所が生まれてしまい棘となって舌や頬に刺さってしまいます。そうすると食べたいけれど食べれない、刺激で涎がでる、口をもぐもぐするなどの症状がでてしまいます。

放っておいても治ることはないため歯を削らなけらばいけません。そして一度傾いてしまった歯は基本的に治ることはなく、定期的に切らなければならなくなります。

デグーさんですが、無麻酔で歯を切る処置にて、押さえつけられることで弱ってしまうことが多く、調子が悪い上に押さえつけられることで急変してしまうこともあります。歯を安全に切るには麻酔をかけた方が良いことも多い生き物です。当院ではデグーさんの性格や体調をみて、無麻酔での歯のカットか麻酔下での歯のカットかをご相談させて頂いております。

なんだか最近痩せてきた、口を気にしている、など初期症状がありましたら早めにご来院をお勧め致します。また、なんの症状がなくても、顎を触らせてもらったり、レントゲンを撮ってみると、歯が悪くなってきていることが見つかることも多々ありますので、デグーさんの定期的な健診をお勧め致します。

デグーさんの歯科疾患は時として、呼吸ができなくなってしまうこともあるため要注意な疾患です。(→こちらはまたの機会にご紹介させていただきます。)