さいたま市南区の動物病院 犬・猫・ハムスター・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します 年中無休・駐車場6台完備

  • 年中無休
    駐車場6台完備
  • 診療時間
    朝9時〜夜19時
  • 受付TEL
    048-628-8216

ご予約はこちら

ジャンガリアンハムスターの臭腺腫瘍(エキゾチックアニマル)さいたま市/南浦和/川口市/動物病院

こんにちは。ジンベイ動物病院の獣医師の長尾です。

今回はジャンガリアンハムスターの臭腺のしこりについてです。

ハムスターには臭腺と呼ばれる部位があります。ゴールデンハムスターでは背中に、ジャンガリアンハムスターでは口角とお腹にあります。この臭腺は正常なものですが、よく異常と勘違いされてしまうことがあります。

しかし、今回はそんな臭腺にしこりが認められたジャンガリアンハムスターさんのわさびちゃんがご来院されました。

腹部の臭腺にしこりを認められて来院されました。

しこりはまだ大きくはなかったのですが、明らかに塊をつくっていました。

ジャンガリアンハムスターさんの腹部臭腺のしこりで多いものは腺腫といわれる良性腫瘍ですが、腺癌という悪性腫瘍のこともあります。良性の腺腫であっても、急速におおきくなり自壊といって表面が破けてしまうことがあります。なので治療は外科的摘出が第一選択です。

わさびちゃんもその日のうちに手術をして、臭腺のしこりと臭腺を全摘出致しました。手術時間も短く、基本的には日帰りの手術になります。

また、糸が外にでない、抜糸の必要ない形で縫合するため本人も齧ってしまうことはほとんどありません。のでエリザベスカラーなどをつけることもありません。

わさびちゃんもよく頑張ってくれて、術後の回復も順調で、しこりも良性でした!!

基本的にハムスターさんの「しこり」は腫瘍が多く、待っていてもなくならないものがほとんどで、大きくなってくる傾向があります。そのため、手遅れになる前に、いかに早く手術にて摘出できるかが大切になってきます。

さいたま市、川口市などお近くにお住まいの方でハムスターさんを飼われて、何か気になる症状がある方はぜひ、早めにご相談下さい。