さいたま市南区の動物病院 犬・猫・ハムスター・エキゾチック動物などあらゆる動物を診療します 年中無休・駐車場6台完備

  • 年中無休
    駐車場6台完備
  • 診療時間
    朝9時〜夜19時
  • 受付TEL
    048-628-8216

ご予約はこちら

エボシカメレオンの卵胞うったい・手術(エキゾチックアニマル)さいたま市/南浦和/川口市/動物病院

こんにちは、エキゾ分野院長の長尾です。

今回はカメレオンさんの産卵関係トラブルです。

爬虫類全般的にメスについてまわるトラブルはやはり卵巣・卵管トラブルです。

エボシカメレオンのマイキーちゃん。

お腹が膨らんで卵胞が発達した状態から、なかなか次の段階の、産卵もしくは閉鎖卵胞になりませんでした。

マイキーちゃんも長期にわたる卵巣の発達が認められたため、手術にて卵巣・卵管を摘出することとなりました。

産卵関係のトラブルは一生付きまとう可能性があり、今年は大丈夫でも来年はどうかわかりません。

自然界ではなかなかそんなトラブルは起きないはずですが、飼育していると、飼育温度・湿度・栄養状態・オスの存在などなど自然界と同じように管理することは難しく、やはりトラブルが起きやすくなります。

術前の写真です

お腹がパンパンです。

左右の卵巣と卵管を摘出いたしました(子宮はありません)。

かなり卵巣が発達していたため摘出は大変でした。

無事手術も終わり、麻酔の醒めもとてもよかったため手術当日退院となりました。おそらく、今回使用した麻酔薬の影響と、まだ体力があったためと思われます。

翌日からごはんも食べてくれたようで一安心です。

数週間後の再診でも元気な姿を見せてくれました!!

よく頑張ってくれました!!